愛媛慈恵会について
ABOUT EHIME JIKEIKAI
施設・事業紹介

  • トップ >
  • 愛媛慈恵会について >
  • 施設・事業紹介

施設概要

東寮

東 寮

西寮

西 寮

第1小規模グループケア施設

第1小規模グループケア施設

第2小規模グループケア施設

第2小規模グループケア施設

地域交流ホーム「栄松館」

地域交流ホーム「栄松館」

事業所名 社会福祉法人 愛媛慈恵会
実施事業 児童養護施設
所在地 松山市束本二丁目13-3 【 MAP
電話番号

089-921-1035

FAX番号

089-921-1045

理事長 栗田 欣志郎
創立年月日 明治34年7月26日
施設長 山下 正志
入所定員 80名
職員構成
施 設 長 事 務 長 指導員・保育士 心理療法士 看 護 師 栄 養 士 調 理 員 里親支援専門相談員 嘱 託 医
1名 1名 26名 1名 1名 1名 4名 1名 1名
在籍児童(学年別)
(令和元年12月1日現在)
幼児 小学生 中学生 高校生 その他
1年 2年 3年 4年 5年 6年 1年 2年 3年 1年 2年 3年
1 2 1 0 0 2 0 3 2 3 6 3 3 0 26名
2 0 4 2 2 0 0 0 3 1 2 2 2 0 20名
3 2 5 2 2 2 0 3 5 4 8 5 5 0 46名
建物
  • 東寮(鉄筋コンクリート3階建・1,499.62㎡)
  • 西寮(鉄筋コンクリート3階建・488.55㎡)
  • 第1小規模グループケア施設(木造スレート藁平屋建・105.99㎡)
  • 第2小規模グループケア施設(木造スレート藁2階建・165.61㎡)
  • 地域交流ホーム「栄松館」(鉄筋コンクリート2階建・377.78㎡)
各班の紹介

事務所・炊事

事務所・炊事家庭料理を基本にしたメニュー

家庭料理を基本にしたメニュー

「新しい社会的養育ビジョン」に沿った取組み

事務所は人事・総務・経理を一手に担う愛媛慈恵会の中枢部署です。
 
昨年度に引き続き、新しい社会的養育ビジョンを踏まえ、施設の小規模化・高機能化・多機能化及び地域分散化が求められる中、当施設独自の住環境整備を進めていく予定です。また、パソコンを利用したネットワークの構築にも取り組み、職員の業務の効率化を図っています。
 
炊事は「あたたかく笑顔のある家庭的な台所」をコンセプトに、家庭料理を基本にしたメニューを用意しています。その季節の旬の素材を生かした料理も提供し、職員や子どもたちに喜ばれています。また、食事をする空間づくりにも配慮し、レイアウトや壁面装飾を工夫しています。土曜日・日曜日は食堂をサロン的に開放しています

宮崎 博文

事務長 宮崎 博文

男子小中班

男子小中班

安心感のある空間をめざしています

養育で大切なのは生活の安心感だと考えています。私たちは小規模グループケアに近い形で、子どもと職員がより深い関係を築いています。
 
当班では子どもたちが「明るい表情になるには」「楽しい時間を過ごすためには」をモットーに日常生活の安心感を保てるように努めています。取り組みとしては職員が子どものことを呼び捨てにしない等、言葉遣いには特に留意しています。
 
子どもたちが班外出の企画立案を行い、楽しい思い出づくりをしています。また、子ども会を設け、自分の考えをしっかり相手に伝えることを低学年の頃より身につけ自立心が芽生えるように取り組んでいます。職員間においては「報告・連絡・相談」などを行い、スムーズな連携で養育・支援にあたっています。

武田 泰

男子小中班 班長 武田 泰

男子中高班

男子中高班

自立する「力」を育みます

子どもたちが退所後に不安を抱くのではなく、安心感や期待感を持って卒寮できるように、自立する「力」を育みます。
 
金銭管理を主軸としており、毎月、決まった金額を上手に使えるよう、生活用品や学用品などを個々に購入する機会を設けています。また、月末には子どもと振り返りを行い翌月の目標を設定するなど、お金に対しての意識を高めることができています。生活や余暇活動においては自分で考え行動する理念のもと、子どもたちが発案・計画して動きだすことができるよう子どもの考えを尊重することを第一に考え支援しています。
 
談話室は広く、居室は個室又は二人部屋になっており自身の心情に合わせて、居場所を確保することができます。一人ひとりを大切に思い、子どもたちが何気ない会話を楽しめるようにやわらかな雰囲気で支援にあたっています。

小掠 なぎさ

男子中高班 班長 小掠 なぎさ

女子班

女子班

“個”を大切に、“できる”自信と挑戦する心を育てる

今年、建物の改装を行い子どもたちの部屋を半個室化し、子ども一人ひとりに“自分(個)”という空間を提供できる環境を整えることが出来ました。
 
“みんなの”ではなく“自分の”という意識、自分のパーソナルスペースが守られているという安心感を持てるよう、まずは、子どもたちの身の回りの物から1つ1つ改善していきたいと考えています。
 
また、私たちの班では、子どもたちの“自分はできる!”という自信と挑戦する心を大切しています。職員は常に子どもたちの声に耳を傾け、それを受け止め、一人ひとりの考えや気持ちを大切にし、見守るという姿勢で子どもたちを全力でサポートしています。職員も同じく、やりたいこと、挑戦したいこと等を自由に発言する機会を作り、一人ひとりの意見を大切にし、子どもたちと共にいろんなことにチャレンジして日々楽しく生活しています。

浅田 来生

女子班 班長 浅田 来生

第1小規模

第1小規模

職員が手本となって生活の基本を教える

第1小規模は一軒家タイプの「小規模グループケア施設」です。食事は棟内の台所を使い、職員と子どもたちとで一緒に調理し、みんなで食事をします。
 
食後はリビングでくつろぎ、だんらんを楽しむといった具合に、できる限り家庭にちかい生活スタイルを目指しています。重要だと考えているのは、「子どもたちにさせる」ではなく、まずは職員が「お手本」となることです。たとえば部屋の整理整頓や清掃などについても、まずは職員がそういう状態をつくり「お手本」を見せて、それをみんなで維持していくという形で指導します。
 
高校生の子どもたちには自立に向けて、高校卒業後の資金を貯めることができ、社会経験を積むことができるアルバイトを率先して行うようアドバイスしています。日常生活の中で、個々を大切にし、あたりまえの生活が安心して送れるよう、一致団結し取り組んでいきたいと思っています。

田坂 竜馬

第1小規模 班長 田坂 竜馬

第2小規模

第2小規模

職員が手本となって生活の基本を教える

第2小規模は、平成31年度4月から運営を開始した木造2階建ての小集団での環境で生活ができる施設です。
 
特徴として、幼児も生活しやすいように、幼児用トイレの設置や各階に自立に向けて練習ができる設備が整っており、調理実習や卒業後の自立生活で子どもたちが困ることのないよう支援に努めています。低年齢児から高年齢児まで、児童の年齢や必要性に応じて幅広く対応できる機能を有しています。
少人数で生活を送るため、児童の個性や特性を理解し、可能な限り家庭環境に近いのんびりした雰囲気を意識しています。基本的な考え方として、『させる』指導ではなく、『一緒にする』という関わりを重視し、児童の成長に繋げていきたいと考えており、調理から環境整備まで、児童が自発的に良いホームにしていきたいと思える“家”を目指します。
担当職員についても様々な経験を積んできた職員が集まった班です。既成概念に捉われない創意工夫を大事にしていきます。

長野 翔

第2小規模 班長 長野 翔

心理カウンセリング

心理カウンセリング

「リラックス」をテーマに心のケア

臨床心理士の資格を有する職員が心理療法を担当する班です。子どもの心理的な問題の解決や心の健康回復を目的に、週に1回、1人につき各50分ずつのカウンセリングを実施しています。カウンセリングは、子どもの担当職員からの要望を受けて行うものです。遊びを通して行うプレイセラピー(遊戯療法)が中心のカウンセリングです。
 
心理班のテーマは「リラックス」です。ストレスの高まっている子どもに対して、ストレスを発散できる場所と時間を提供し、リラックスさせてあげます。子どもの気持ちを尊重し、子どものしたい遊びをするようにし、遊びを通した会話の中で、心の問題について話を聞くこともあります。
また半年に1度のペースで、職員のストレスチェックを実施しており、必要に応じてメンタルヘルスのケアを行っています。

永江 史朗

臨床心理士 永江 史朗

医療

医療

健康をサポートする身近な存在

子どもたちが心身ともに健康に暮らせるように医療面からサポートします。体調の悪い子やケガをした子の状態を見て、ケアするのが主な仕事です。病院で診察を受ける必要があると判断した場合には、病院に連れていき、診察結果を班担当者に申し送りし、班担当者と共に経過観察をします。ADHD(注意欠陥多動性障害)や知的障害を持っている子どもさん達の通院や服薬等のお世話もします。
 
子どもたちの健康の維持増進のために、定期的に身体測定を行い、内科医による定期健診や予防接種などを実施しています。また病気やケガの予防を目的とする生活習慣や環境整備などの指導も行います。悩みごとがあれば、いつでも気軽に相談してもらえるような存在でありたいと思っています。専門知識や経験を高めることと、子どもたちとの触れ合いや班担当の職員とのコミュニケーションの充実に努めます。

新岡 紀子

看護師 新岡 紀子

その他の施設
  • 栄松館

    栄松館

  • トレーニングルーム

    トレーニングルーム

  • パソコンルーム

    パソコンルーム

その他の事業紹介

ショートステイ

松山市の委託を受け、約1週間お預かりします

松山市の委託を受け、保護者の健康や養育環境など様々な理由により家庭での養育が一時的に困難になった2歳から高校生までの子どもを、約1週間をめどにお預かりする事業です。

一時預かり

愛媛県の委託を受け、最長2カ月間お預かりします

愛媛県の福祉総合支援センターの委託を受け、保護者の健康や養育環境など様々な理由により家庭での養育が一時的に困難になった2歳から高校生までの子どもを、最長2カ月お預かりする事業です。入所措置へと移行する場合もあります。

里親支援

関係機関と連携して里親をサポートします

子どもたちが安心して生活できるように支援センターや関係機関と連携して里親の研修、里親家庭の相談等、さまざまな形でサポートします。

  • 採用情報
  • お問い合わせ
ページトップ